CSSレイアウト講座

さらぬ別れ

(原文)むかし、男ありけり。身はいやしながら、母なむ宮なりける。
(現代語訳)昔、ある男がいた。身分は低かったが、母は内親王だった。
(原文)その母、長岡といふ所に住み給ひけり。
(現代語訳)その母親は長岡という所に住んでいた。
(原文)子は京に宮づかへしければ、まうづとしけれど、しばしばえまうでず。
(現代語訳)子は京で宮仕えしていたので、母のもとに参上しようとしたけれど、たびたびは参上できなかった。
(原文)ひとつ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり。
(現代語訳)一人っ子でもあったので、たいそうかわいがった。
(原文)さるに、十二月ばかりに、とみのこととて御ふみあり。
(現代語訳)そうしているうちに、十二月ごろに急な用があるいって、お手紙があった。
(原文)おどろきて見れば、歌あり。
(現代語訳)驚いて見ると、歌があった。
(原文)老いぬればさらぬ別れのありといへばいよいよ見まくほしき君かな。
(現代語訳)年をとってしまうと、避けられない別れがあるというので、いっそうあなたに会いたいと思うよ。
(原文)かの子、いたううち泣きてよめる、
(現代語訳)その子はひどく泣いて、歌を詠んだ。
(原文)世の中にさらぬ別れのなくもがな千世もといのる人の子のため。
(現代語訳)世の中に死に別れなどなければよいのになあ。千年も生きていてほしいと祈る子のためにも。
解説子は新都平安京に、母は旧都長岡にいる。子は政務が忙しくて、母を訪れることができない。母は老い先なく、病気がちである。そんな中での親子の間の愛情を描いている。