CSSレイアウト講座

筒井筒第三回

(原文)「まれまれかの高安に来てみれば、はじめこそ心にくくもつくりけれ、今はうちとけて、手づからいひがひとりて」
(現代語訳)時たま、あの高安に来てみると、女ははじめの頃は奥ゆかしくとりつくろっていたが、今は気を許して、自分の手でしゃもじをとって
(原文)けこのうつは物に盛りけるを見て、心うがりていかずにけり。
(現代語訳)飯を盛る器の入れ物に盛ったのを見て、しみじつらく思って行かなくなってしまった。
(原文)「さりければ、かの女。大和の方を見やりて、」
(現代語訳)それで、あの女は、大和の方角を遠く望んで
(原文)「君があたり見つつを居らむ生駒山雲なかくしそ雨は降るとも」
(現代語訳)来ないので、あなたの来る方を眺めながらおりましょう。生駒山を、どうぞ雲で隠さないないでほしい。たとえ雨が降ったとしても。
(原文)「といひて見いだすに、からうじて大和人来むといへり。」
(現代語訳)と歌によんで、外を見ているうちに、やっとのことで、大和の男が行こうと言ってきた。
(原文)「よろこびて待つに、たびたび過ぎぬれば、」
(現代語訳)女は喜んで、待っていたが、その度ごとに、男は立ち寄らず、行き過ぎてしまったので、
(原文)「君来むといひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞふる」
(現代語訳)あなたが来ると言った夜毎に待っていたのに、あなたは来ないで行き過ぎてしまったので、もうあてにはならないと思いながら、恋慕いながら、日を送っています。
(原文)「といひけれど、をとこ住まずなりにけり」
(現代語訳)と詠んだけれど、男は通って来なくなってしまった。