CSSレイアウト講座

あづさ弓

「あづさ弓」

(原文)むかし、をとこ、片田舎にすみけり。
(現代語訳)昔、ある男が(女)と片田舎に住んでいた。
(原文)をとこ、宮仕へしにとて、別れををしみてゆきけるままに、三年来ざりければ、待ちわびたりけるに、いとねむごろにいひける人に、「今宵あはむ」とちぎりたるに、このをとこ来たりけり。
(語句) (現代語訳)男は宮仕えをするといって、あかれを惜しみながら、京に行ったまま、三年帰ってこなかったので、女はすっかり待ちあぐねていたところ、とても親切に言い寄ってきた男と、「今夜結婚しよう」と言い交わしたところ、前の男が帰ってきた。
(原文)「この戸あけたまへ」とたたきけれど、あけで、歌をなむよみて出したりける。
(現代語訳)男は「この戸を開けてください。」と戸をたたいたが、女は開けないで、歌だけを詠んで差し出した。
(原文)あらたまの年の三年を待ちわびてただ今宵こそ新枕すれ
(語句) あらたまの→年にかかる枕詞。年があらたになることから。 新枕→男女がはじめて枕を交わすこと。 (現代語訳)三年もの間あなたを待ちあぐね、ちょうど今夜、新しい男と新枕します。
(原文)といひだしたりければ
、 (現代語訳)と女が中から言ったので、
(原文)梓弓ま弓槻弓年をへてわがせしがごとうるわしみせよ
(語句) (現代語訳)長年私があなたを愛してきたように、今度の相手と仲睦まじくくらしなさい。
(原文)といひて、去なむとしければ、女
(語句) (現代語訳)と言って、立ち去ろうとしたので、女は
(原文)梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを
(語句) (現代語訳)あなたが私を愛してくれようとくれまいとかまいません。私はあなたに心を寄せてきたのですから。
(原文)といひけれど、をとこかへりにけり。
(現代語訳)と言ったのだが、男は帰ってしまった。
(原文)女、いとかなしくて、しりにたちてをひゆけど、えをひつかで、清水のある所に伏しにけり。
(語句) (現代語訳)女はたいへん悲しくなって、後をついて追いかけていったのだが、追いつくことができないで、清水のある所で倒れ伏してしまった。
(原文)そこなりける岩に、およびの血して書きつけける。
(語句) (現代語訳)そこにあった岩に、指の血で歌を書き付けた。
(原文)あひ思はで離れぬる人をとどめかねわが身は今ぞ消えはてぬる
(語句) (現代語訳)私を思ってくれず、離れていった人を引き留めることもできず、(悲しすぎて、) 私は今にも死んでしまいそうです。
(原文)と書きて、そこにいたづらになりにけり。
(語句) (現代語訳)と書いて、その場所で死んでしまった。