CSSレイアウト講座

初冠

「初冠」(うひかうぶり)

(原文)むかし、をとこ、うひかうぶりして、平城(なら)の京、春日の里にしるよしして、狩に往にけり。
(語句) (現代語訳)昔、ある男が元服して、奈良の都の春日の里に、治めている地の縁があって、鷹狩りに行った。
(原文)その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。
(語句) (現代語訳)その里に、たいそう若々しく美しい姉妹が住んでいた。
(原文)このをとこ、かいまみてけり。
(語句) (現代語訳)この男はそれをのぞき見してしまった。
(原文)おもほえずふるさとに、いとはしたなくてありければ、心地まどひにけり。
(語句) (現代語訳)思いがけなく、こんなさびれた旧都に、たいそう不似合いに住んでいたので、気持ちが迷って、とまどってしまった。
(原文)をとこの着たりける狩衣の裾を切りて、歌を書きてやる。
(語句) (現代語訳)男は自分の着ていた狩衣の裾を切って、歌を書いてやった。
(原文)その、をとこ、しのぶずりの狩衣をなむ着たりける。
(語句) (現代語訳)その男はしのぶずりの狩衣を着ていたのであった。
(原文)かすが野の若紫のすり衣しのぶのみだれ限り知られず
(語句) (現代語訳)春日野に生える若紫草の根ですった狩衣の模様が乱れているように、(あなたを思うわたくしの)心は乱れて限りしれません。
(原文)となむをいつきていひやりける。
(語句) 。 (現代語訳)と男はすぐに歌をいいやった。
(原文)ついでおもしろきことともや思ひけん。
(語句) (現代語訳)(狩衣の乱れ模様と心の乱れをかけたことをさして)その場にかなった興味深いことと思ったからであろうか。
(原文)みちのくの忍ぶもぢずり誰ゆゑにみだれそめにし我ならなくに
(語句) (現代語訳)陸奥の忍ぶもじずりの乱れ模様のように、私の心が乱れ始めたのは、誰のせいでもなく、あなたのためですよ。
(原文)といふ歌の心ばへなり。
(語句) (現代語訳)という歌の心持ちである。
(原文)昔人は、かくいちはやきみやびをなんしける。
(語句) (現代語訳)昔の人は、このように大変はげしい優雅な行いをしたのだった。